ファクターズ ファクタリング

ファクターズ ファクタリング

ファクターズ ファクタリング 入金前の請求書買取支援を申し込む!

 

ファクターズ

ファクターズ ファクタリング

 

入金前の請求書買取支援を申し込む!

 

株式会社ワイズコーポレーションのファクターズ 『ファクタリング』です。

 

ファクタープラン及びワイズコーポレーションは、現在「ファクターズ」名義にて

 

ファクタリングサービスを提供しています。

 

ファクタリングとは

 

ファクタリングとは会社様(顧客)とお取引先様の間で現れてした売掛金を

 

株式会社ワイズコーポレーションが買い取る事でお取引先様のお決済を待たずに

 

元金調達可能なサービスです。

 

金融組織のように会社様の経営状況や借金状況等で融資が困難になるような事はなく

 

柔軟な応対ができるです。

 

ファクターズ ポイント

 

売掛先に知られずに活用可能な心配無用の2社間ファクタリング。

 

債権譲渡登記を入れないで応対する事もできるです。

 

ライバル企業ではあまり応対しない個人ビジネス主様も応対します。

 

(売掛先が法人の事例)

 

競合企業ではあまり応対しない売掛先が個人の方も応対します。

 

(法人様のみ)

 

担保・サポート人は無用です。

 

赤字決算、税金未納でも扱ってできます。

 

「償還請求権なし」のファクタリングなので、売掛先が倒産した時でも

 

株式会社ワイズコーポレーションがすべて負担します。

 

ファクターズ お勧めしたい方

 

男女、年齢は問わず、売掛債権を有する法人経営者・個人事業主 様

 

飲食店などの小売業でも、カード入金等は買取可能です。

 

入金前の請求書の買取り↓

 

公式サイトファクターズ

 

ファクタリング取引のメリット!

 ファクタリング取引のメリット!

 

負債が増加しない

 

ファクタリングとは『売掛債権を専門家に売り渡しし現金化する財源調達法』です。

 

専門家を選定する場合の着眼点として、サポートやバックアップシステムの満喫度も挙げられます。

 

債権を担保にして融資を受けているわけではないのですので、ファクタリングによって得た財源は

 

『負債』には内蔵されません。

 

元金調達=融資という印象があるかも知れませんが、ファクタリングはその印象を大きく変更してくれます。

 

金利分や月次の入金負担がない

 

ファクタリングによる元金調達には、金利分や月次の決済という負担がないのです。

 

融資ではないので月次金利分を含めての入金は不可欠なく、支払日が近づいてくる事で

 

精神的な重圧を受ける事にもなりません。

 

売掛金の買取には手数料が必須ですが、手数料の低いファクターズの様なロケーションを選べば心配無用です。

 

担保が無用

 

貸金専門家ではなく売掛金の買取プロであるファクターズでは、契約するのに担保もバックアップ人も必須としません。

 

自身の目的に当てはめた専門家を選択したいですよね。

 

入金実績のある信用可能な売掛金をお持ちであれば、法人・個人事業主問わず活用可能な確率が充分あります。

 

不動産などを担保にしたりバックアップ人を仕込みする事がないので、手間も労力も少なくする事ができます。

 

危険性回避

 

財源が短いしそうになってしまったと場合を見て、慌てて銀行融資を申込んだとしても間に合わなかったり

 

査定落ちする危ういは少なくないのです。

 

それに反対にファクターズのファクタリングは元金調達までの時も短く、個人ビジネス主も使用しやすいのが

 

トレードマークです。

 

つまり危険性回避という点でも大いに優秀な元金調達法なのです。

 

売却による財産美点向上

 

売掛金はバランスシート上では流動財産の1つとして扱われます。

 

万が一売掛金を持ったまま融資を受けた事例、バランスシート上では負債だけが増加し、

 

法人の財産値打ちを下げる危ういがあります。

 

ですが、ファクタリングで売掛金を売り渡しすれば負債は増加しずに財産を増やす事ができるとなり、

 

財産値打ちを急上昇する事が可能なんです。

 

業歴が浅くても役に立つ

 

ファクターズのQ&Aには、『創立したばかりの法人でもファクタリング契約を結ぶ事はできる』と

 

ちゃんと記載されています。

 

売掛債権が無けれは活用できませんが、業歴に関わらず現金化はできるなのです。

 

業歴が浅い事で融資が断られる確率は低くはないのですが、ファクタリングならば大きな問題にはなりません。

 

財務状況が悪くても取引の見込み

 

ファクタリングの査定で大切視されるのは、買取を申込んだ会社よりも『売掛債権の相手先会社の経営状況』です。

 

ですから赤字決算が続いていたとしても、税金の滞納があったとしても査定に大きく影響する事はないのです。

 

断っておきますが大切なのは、『確実に債権が現金に異なるか如何にか?』なのです。

 

入金前の請求書の買取り↓

 

公式サイトファクターズ

 


 

このエントリーをはてなブックマークに追加   

 

 

 

 

ファクターズ検索キーワード

入金前の請求書買取支援はファクターズ

page top